【両用版 STD T-3、L-3、D-2 】
QRコードからスマホ版レイアウトをご確認頂けます。
掲載物件は全て架空の物件情報です。ehome-V紹介サイトへ戻る
○○地区不動産情報なら(有)松不動産にお任せください。

(有)松不動産-【ehome-V両用版】DEMOサイト

menu
トップページ » よくある質問

よくある質問

 日ごろお客さまよりいただく「よくあるご質問」と「その回答」をご紹介します。
Q:未成年でもお部屋を借りられますか?
A:一部、未成年者の方でもお仕事に就かれていたり、 ご結婚されている方などは契約者として認められる場合もありますし、 逆に、代理での契約が認められないケースもございます。
Q:これから仕事を探そうと思うのですが、お部屋は借りられますか?
A:原則、どこのお部屋を借りる場合もお仕事をされていて収入のある方が審査対象となります。 これからお仕事に就かれる方の場合、次のお勤め先の内定が出ているのが条件となり、 内定が出ていない方の場合、ご親族の代理契約が認められる物件をご紹介させて頂くこととなります。
Q:仕事がアルバイトなのですが、お部屋は借りられますか?
A:アルバイトの場合も、お仕事をしておられますので、お部屋をご紹介させて頂くことは可能でございます。 ただし、正規の社員の方よりは、収入が安定しているとは見られないケースもあり、 入居審査においては、勤続年数や収入金額が重要となります。
Q:仕事を定年退職しており、現在は年金を受給しているのですが、お部屋は借りられますか?
A:年金も収入となりますので、お部屋をご紹介させて頂くことは可能でございます。 ただし、お仕事をされている方のように在職証明が出来ないため、 年金収入の証明が出来るものを提出して頂く必要があるケースもございます。
Q:母子家庭なのですが、お部屋は借りられますか?
A:近年大変多く頂くご質問ですが、母子家庭を理由にお断りされるケースは、基本的にはございませんので、ご安心下さいませ。 重要なのは、一般の方と同様、お勤めをされており収入があるかどうかという点であり、 入居審査の際は、母子家庭という部分より、お勤め先の情報を見られます。 また、お仕事をされていない方は、ご親族の代理契約が認められるお部屋をご紹介させて頂きますが、 市からの補助を理由にご自身でのご契約を希望される場合は、お仕事を既にされているか、 次のお勤め先が決まっている場合、内定通知書のコピーを提出して頂くこととなります。
Q:申込時に必要な書類を教えてください。
A:基本的には、身分証明として運転免許証、在職証明として社会保険証のコピーを提出して頂く場合が多いです。 お勤め先で社会保険をかけていない場合、在職証明書や給料明細のコピーなどを提出して頂きます。 またその他に、場合によっては、源泉徴収証のコピーや、自営業の方などは確定申告書のコピーなどの収入を 証明するものを提出して頂くこともございます。
Q:契約時に必要な書類を教えてください。
A:基本的には、こちらで用意する契約書類にご署名、ご捺印をして頂くだけなのですが、場合によって、 現在のお住まいの住民票や、連帯保証人をつける場合、連帯保証人の印鑑証明書、未成年者の場合、 親御様に親権者同意書という書類の提出をお願いするケースもございます。
Q:入居審査ではどんなことが審査されますか?
A:基本的には、お仕事をされているか、勤続年数や年収金額などが審査対象となり、安定した収入を得られる方か どうかというのがポイントとなります。その他、ご入居の人数やご家族構成などが見られる場合もございます。
Q:契約金の支払いについて、クレッジット払いは可能ですか?
A:原則、現金でのお支払いをして頂くケースがほとんどですが、一部、クレッジット払いが可能な物件もございます。
Q:敷金ゼロの物件が増えていますが、退去の修繕費用はどうなりますか?
A:こちらも大変多く頂くご質問ですが、入居時に敷金を預けていない場合、退去の修繕費用は、退去時に別途お支払い頂く必要がございます。 ただし、敷金を預けていないから修繕費用を多く請求されるということはありませんので、敷金を預けている場合と同様、契約内容に従った負担分をお支払い頂くこととなります。
Q:マイホーム探しは複数の不動産会社に依頼した方が良いの?
A:各不動産会社は「レインズ」というシステムに不動産情報を登録し情報を共有しています。 したがって窓口を複数にする必要性はそれほどないと言えるでしょう。窓口を複数にするとそれぞれの不動産会社から都度連絡が入り、煩わしさを感じる可能性もあります。 自分の希望をしっかりと汲み取ってくれる営業担当に任せるのが良い物件に出会うための近道ではないでしょうか。
Q:メールなどで手軽に新着物件情報をもらえないの?
A:当社では、希望条件を登録しておけば条件にあった物件を自動的にお知らせする会員機能 「リクエスト機能」をご用意しています。また、営業担当に条件をお伝えいただければ、 個別にご案内させていただくことも出来ます。 Myリバブル新規会員登録はこちら ※「Myリバブル」、「@こすもす」への入会費・年会費は無料です。
Q:購入したい物件が見つかったらどうすれば良いの?
A:まずは営業担当にご連絡下さい。 資金計画等を確認の上、購入申込の手続きをいたします。 実際の手続きの流れについては、「物件購入の手引き」をご覧ください。
Q:現地見学では何をチェックすれば良いの?
A:1.交通機関 2.スーパー、学校、病院、公園などの周辺環境 3.物件の確認 土地、建物の外観、室内設備等
Q:購入可能な物件価格はどうやって計算すれば良いの?
A:一般的には月々支払うことが出来るローンの返済額から借入可能額を割り出し、手持ち資金を合計して算出します。当社ホームページで「毎月返済額シミュレーション」をご用意しておりますのでご利用ください。ただし、希望の借入が出来ない場合もございますので、営業担当または金融機関にご相談ください。
Q:頭金はどれくらい用意したら良いの?
A:一般的には物件価格の2割が理想と言われていますが、100%ローンをご利用のお客様もいらっしゃいますので、特に決まりがあるわけではありません。 何より借入総額や毎月の返済額と収入のバランスが重要になりますので営業担当または金融機関にご相談ください。
Q:購入するために必要な諸経費にはどんなものがあるの?
A:主なところでは仲介手数料や登記に必要な登録免許税、火災保険料、借入をされる方はローン事務手数料などが必要となります。目安としては物件価格の7%~10%程度と言われています。ご購入の際にかかる諸費用の種類について当ホームページで解説いたしております。
Q:住宅ローンにはどんな種類のものがあるの?融資を受ける条件は?
A:大きく分けて民間金融機関が提供するものと住宅金融支援機構による証券化の仕組みを利用したフラット35が現在の中心です。フラット35は長期固定金利型、民間金融機関のローンは変動金利型、固定金利(期間選択)型、全期間固定型といったタイプが用意されています。 金融機関、ローン商品ごとにそれぞれ年齢、年収、返済比率などの条件がございますので、 営業担当または金融機関にご確認ください。
Q:重要事項説明ってどんなもの?
A:宅地建物取引業法上、不動産業者の宅地建物取引士が、契約が成立するまでの間に、売主様・買主様に対して売買物件や取引条件に関する一定の重要事項の説明をすることが義務付けられています。当社では、宅地建物取引士の資格を持った営業担当が、所定事項が全て記載された「重要事項説明書」でご説明いたします。ご不明な点がございましたらその場でもご確認ください。
Q:買換えはどうやってすれば良いの?
A:売却を先に行う「売却先行」と購入を先に行う「購入先行」のそれぞれのメリット・デメリットを理解した上で、お買換えプランを検討することが重要です。当社にご相談ください。お客様の状況を判断のうえ、最適なお買換えスケジュールをご提案いたします。